Leave a comment

디자인 사고를 조직 혁신에 활용하는 10 가지 방법

디자인 사고를 조직 혁신에 활용하는 10 가지 방법

2013년 초, IBM 디자인은 자사의 기업 문화의 변혁을 목적으로 한 IBM 디자인 사고 ‘라는 프로그램을 시작 했다. 이것은 그들이 지금까지의 기술 중심의 기술을 지속 가능한 사용자 중심 설계로 변화시키는 것이다 . IBM은 그들 자신을 디자인에 중점을 둔 기업으로 재구성하기 위해 이미 100억 이상 투자하고있다.

“우리 팀은 기술 중심의 생각이 확고하게 뿌리 내리고 있었다. 그러나 우리는이 문화를 종료하고 사용자에게 다가가는 것을 중시하는 문화로 변화하고 싶다고 생각하고 있습니다.”

– 찰리 힐 IBM 디자인 연구소 CTO

말할 필요도 없지만, IBM은 디자인 회사가 아니다. 그럼 왜 그들은 이러한 기업 문화를 크게 바꾸려하고 있는가?

디자인 사고라는 것은 스탠포드 대학 교수이며 IDEO의 창업자 인 데이비드 켈리가 제창하기 시작한지 ​​꽤 유행했던 단어가되었다. 그러나 일반적인 디자인 사고의 정의는 하나가 아니기 때문에 이를 어떻게 활용할 수 있는지 분명한 이해를 가지고 있지 않은 사람이 많은 것이 아닐까.

Idea Couture의 CEO 인 아이 도리스 · 모티는 그의 저서 ‘전략적 혁신을 위한 디자인 사고 (Design Thinking for Strategic Innovation)’에서 디자인 사고의 과정을 매우 알기 쉽게 설명하고있다. 그는 혁신적 성능을 추구하는 현대의 기업에 디자인 사고의 실용적인 응용 방법을 소개하고있다.

혁신의 시작은 조직 변화에서

디자인 적 접근에서 컨설팅을 제공하는 btrax 회사는 클라이언트의 전략을 어떻게 개선 할 것인가 과정에서 디자인 사고를 활용하고있다. 그 중에서 가장 중요한 것이 조직의 개혁이다.

진정한 혁신을 창출에는 제품이나 서비스 전에 조직 자체가 혁신적인 나와야한다. 그리고 그 변화에도 디자인 사고를 활용할 수있다.

그 과정에서 만들어진 앞으로 혁신에 참여하는 기업에있어서 ​​매우 중요한 10의 법칙을 정리했다.

 

디자인 사고는 모두 “Why”에서 시작해 결국 혁신을 만들어내는 과정이다

 

– 브랜든 K. 힐 btrax CEO

1. 핵심 기업 문화

Actions speak louder than words / 행동은 말로만이다.

“앞으로의 과제를 해결하기 위해서는 학제 적으로 사물을 생각할 수있는 사람이 요구 될 것이다. 처음에 생각하고 그 때 해결책에 임하는 것이다.”라고 아이 도리스는 설명한다.

당신의 기업을 더 혁신하기 위해이 지역에 얽매이지 않는 실질적인 학습에 의한 접근 이 과제 해결에 필요할 것이다. 이것이 당신의 팀이 직면하고있는 과제의 본질을 파악하고 다양한 아이디어가 떠오르는하게된다 .

 

디자인은 어떻게 보일까가 아니라 어떻게 작동하는 것인지이다.

 

– 스티브 잡스

2. 변화에 적응

우리의 대부분은 첫 걸음을 내딛는 것을 무서워, 현상을 유지하는 것에 익숙해 져있다. 그러나 오늘날의 복잡하고 불명확 한 과제를 해결하기 위해 새로운 사고 방식이 요구되고있다. 옛날부터의 기법에 의존하거나 보수적이고 의사 결정을 지연 할 것은 단지 상황을 악화시킬 뿐이다.

필자가 5 개월 전에 일본을 떠나 핀란드에 왔을 때는 보는 것 모두가 다른 새롭고 모든 것이 완벽하게 내 컴포트 존을 넘었다 (내게 처음 유럽이기도했다). 그러나 어떤 경험을 자신이 성장할 수있는 기회라고 파악하게되어에서 이러한 환경의 변화를 자연스럽게 즐길 수 있도록되어 있었다.

チーム間で変化を恐れる感情をうまくコントロールすることで、同じようにリスキーな状況であっても、楽しくエキサイティングに思えるようになる。そのマインドセットがイノベーションを促進させるのだ。

 

全ては変化を遂げ、今も変化し、変化し続けるのだ。

 

– アイドリス・モーティー Idea Couture CEO

3.人間中心設計:人間による人間のためのデザイン

共感は、デザイン思考においてもっとも重要なプロセスの一つである。あなたが取り組んでいる課題はあなた自身の問題ではないので、ユーザーが普段何をしているのか、どうやって周りと交流しているのか、彼らに対して感情移入する必要がある。

カスタマーやエンドユーザーの身体的・精神的なニーズに焦点を当てるために彼らが物事をなぜ・どうやっているのかを多角的に観察し、ヒアリングをベースとした調査をすることが求められる。

スタンフォードのデザイン思考の入門編には「最も良い解決策は人の行動への深い理解から生まれるものだ」と書かれている。人々を観察することがイノベーティブな解決策につながる理解をもたらすのだ。これはまた、予測できない課題に対して取り組むチームを再編成する時にも応用できるだろう。

 

型がなくなった時に、新たな世界が姿を見せる

 

– トゥリ カプフェバーグ 反体制文化詩人

4.現在よりも未来を見つめる

これはスタートアップでない企業全般にとってとりわけ重要である。実際、多くの企業が急速に変化する社会についていけていない。

スタートアップや起業家精神を持った企業が持っているような社会に柔軟に対応していく能力を身につけるには、あなたのチームに今後を見据える力が必要であり、それが不確実なことだらけの未来に進んでいく時の助けとなる。

また、明確な結果を出すためのプロセスにおいて、曖昧な計画と不十分な情報に頼っていた企業文化を変えることができる。

これらを元に、あなたはブレークスルーポイントとなる新たなチャンスを得ることができるだろう。

5.活動的で前向きなカルチャー作り

Deloitte社の調査によると、イノベーティブな人々は携帯電話を毎日80億回以上チェックしていると言われている。だが、彼らの生産性は下がっておらず、むしろ少し上がっているのだ。

この結果から何がわかるかというと、「従業員にとって、生産的で有意義な心地よい空間とカルチャーをデザインすること」がイノベーションを生み出すということだ。

デザイン思考はどんな段階であってもあなたのチーム編成を助けてくれる。したがって、イノベーティブな戦略に基づいた組織の文化は従業員にとっても大きなインパクトを与えるだろう。

 

世界は、いつでも好きな時に好きな価格でものを得ることができる

 

– アイドリス・モーティー Idea Couture CEO

6.組織の中心を従業員に移行する

デザイン思考は、組織の中心を従業員にする手段である。今年のDeloitte社の調査において、人事部が一番高い価値を置かれている企業の回答では、人事が同僚よりもほぼ5倍以上の割合でデザイン思考を使う傾向があるという結果が出ている。

デザイン思考は、従業員の行動や期待値、価値、モチベーションやニーズを測ることにも役立つ。

採用においてデザイン思考を用いることは、人事担当者がただの「単純タスクをこなすスタッフ」から「体験の設計者」にもなり、企業にとって素晴らしい転換をもたらすだろう。

7.リスクを減らす

あなたがリスクを恐れていなかったとしても、デザイン思考は失敗の可能性を小さくしてくれる。プロダクトやサービス開発に障壁はつきものだろう。

開発過程において、技術や市場、競合、ユーザー、そしてサプライチェーンのような要素を関連付けて考えてあなたの組織をデザインすることは、新たな試みへのリスクを軽減させ、R&Dにおける投資利益率をあげる。

(参考までに:Strategyzerの創業者であるアレックス・オスタワルダーは、彼の企業でどうリスクテイクをしているかについて、「私たちは、R&D部門の予算の多くを新たな価値を生み出す事業・ビジネスモデル開発に割くよう促進している。」と言及した。)

8.意味づけをする

デザインプロセスにおいて、意味づけをすることはもっとも時間を使い、多様な議論を生み出す。この段階は問題の背景を認識し、ユーザーについてどんな理解をしているのか定義づける時間である。

これはあなたが今まで得てきた知識を有意義なものにし、ユーザーとチーム間で計り知れない価値のある共感を生み出す。情報を精査することは意味づけを可能にするとともに実行可能な問題を明確にし、このプロセスの中で強力な洞察をもたらす。

良い視点 (POV) ー「あなたが取り組んでいる問題への解決に向けて明確な意思表示をすること」は問題の本質へと焦点を当て、あなたのチームを刺激する。それはまた並行して意思決定を促し、強い文化を作ることになる。

 

ニーズを理解することは、デザインにおいてもっとも重要なことだ。

 

– チャールズ・イームズ デザイナー

9.企業のクリエイティビティレベルを上げる

アイドリスは、「事実上のデザインマネジメントは、創造的なマネージャーの邪魔をするが、間違った決断や無駄なリスクをとることを避けるよう強く主張する。」と指摘している。

デザイン思考教育は、よりやりがいのある経験をもたらし、一歩踏み出すことを奨励し、チームのメンバーと本音で議論できる開放的な雰囲気を作ることを可能にする。

これがあなたのチームを感情から惹きつけ、強固な「インスレピナリゼーション」と「センシビリティ」を生み出すのだ。

10.直感を戦略的にマネジメントプロセスに利用する

世界はより複雑になり、私たちの存在はより小さなものになっている。私たちは、変化の絶えない21世紀において、新たな経営方法を認識する必要がある。デザイン思考は、組織をクリエイティブにし、他の企業が真似できないような優位性を持つプロダクトを作ることを可能にする。

その実現のために、あなたは直感に従わなければならない。アイドリスは、組織理論学者のジェームズ・マーチとリチャード・サイアートの著書である「企業行動論(A Behavioral Theory of the Firm)」の中の一節を紹介している。「直感は真実であり、記憶は敵であり、経験は理論であり、自己は仮説である」と。

あなたの直感を戦略的にマネジメントプロセスに利用することで、あなたのチームを持続的にイノベーティブにしてくれる。

まとめ: 革新的なサービスは革新的な組織づくりから

今回は組織マネジメントにおけるデザイン思考の応用方法を紹介した。

しかし、これから先デザイン思考はプロダクト開発だけでなくあなたの生活にも今後応用できるだろう。デザイン思考をあなたの組織においてのプロダクト開発に利用するためには、強固な企業文化を築き上げる必要がある。この思考方法は、あなたにイノベーティブな視点とリスクをとることを恐れないマインドを教えてくれる。

어지러운 변화를 이루는 세계에서 예측할 수없는 과제를 해결, 당신은 자신의 팀을 잘 관찰하여 분야에 얽매이지 않는 아이디어를 다루는 것이 필요하다. 당신의 주위를보고 듣고하여 얻은 정보를 종합적으로 다루는 것으로 분석적이고 감정적 인 사고 방식을 손에 넣을 수있을 것이다.

 

Measure
Measure

 

Posted by EverPress for Node

댓글 남기기

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.